※1〜※4はちがさき宇宙記念日実行委員会として活動
※5〜※11は応援事業実行委員会へそれぞれが個人として所属し活動

活動報告
活動報告 : H.28.8.9 第35回ちがさき宇宙教室 第11回ちがさき宇宙記念日開催
投稿者 : 管理人 投稿日時: 2016-09-11 16:11:04 (154 ヒット)

 第35回ちがさき宇宙教室を茅ヶ崎市役所本庁舎6階 議場(インターネットライブトーク)、4階 会議室(モニター上映) 1階市民ふれあいプラザ(自由観覧 モニター上映)で開催しました。

今回の宇宙教室は、開催当日が旧暦の七夕にあたり、伝統的七夕ということで「世界の天の川」をテーマに、ハワイとチリをインターネット中継で結び、それぞれの地から見える天の川を紹介しました。メイン会場は市議会の中心となる議場を使用しました。茅ヶ崎市の長い歴史の中でも今回のようなイベントでの使用は初めての試みでした。開かれた議会を目指す議員の方々のご協力もあって、青少年や市民の方は日頃訪れる機会のない議場に映し出される宇宙、天の川と講師の話に魅了された時間であったことと思います。
冒頭の野口宇宙飛行士からのビデオメッセージでは、ミッションに取り組む野口さんを見ることができ、「これからも市民と共に宇宙を楽しんでいきたい」と参加者に呼びかける場面がありました。続いて、情報通信研究機構の布施哲治さんをコーディネーターに迎えた特別授業(1)では、国立天文台ハワイ観測所の広報担当サイエンティストの藤原英明さんとの中継により、ハワイ観測所から見える天の川、標高4,200メートルの山頂にある世界最大級のすばる望遠鏡が紹介されました。さらに特別授業(2)では、国立天文台チリ観測所所長の阪本成一さんとの中継で、チリの天の川、標高5,000メートルの高地に建設されたアルマ望遠鏡の紹介がありました。見事な星空の紹介と司会を担当した宇宙フォーラムのヤングスタッフと阪本さんの楽しいやりとりもありました。
今回はインターネットのライブ交信を通じて、日本から遠く離れたハワイやチリの星空の紹介、新しい星の誕生や星の滅び方、地球に似た惑星の存在などの壮大な話から、望遠鏡の性能を人間の視力に置き換えての分かりやすい話まで、参加者315人にとって新たな好奇心と感動が生まれる授業であり、あっという間の2時間でした。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

HOME | 茅ヶ崎宇宙フォーラムとは | 活動報告アルバム | 活動予定・お知らせ | 入会お申し込み | お問い合わせ | 会員ログイン
   
  
当サイトへのリンクをご希望の方はご連絡ください。
当サイトの全てのページは、著作権により保護されています。
当サイトに含まれている全ての著作権を、著作権の事前の許可無しに複製、変更することは禁じられております。
Powered by Chigasaki Space Forum © 2006-2015 out-brain.co.ltd